紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

紫外線対策

いわゆる紫外線対策というときの対象となる紫外線UV-Aは太陽が最も高くなる5月に最も多くなります。紫外線というと夏のイメージがありますが、春からの対策が要となります。とはいうものの、最も紫外線が少ないといわれる冬の季節でも、UV-Aは2分の1にしかならず、実は年間を通して紫外線対策をする必要があるようです。また、赤く焼けるUV-Bの方は、はオゾン量が最も減る8月頃に最も多くなります。海水浴シーズンは気をつけましょう。

基本は、紫外線に当たらないこと


紫外線を予防するには、もちろん紫外線に当たらないことがいちばんの策です。とはいうものの、暮らしを行う上で、まったく紫外線を浴びないということは不可能です。紫外線の内的な対策としてビタミンCの摂取ということがあげられますが、食事やサプリメント等でビタミンCをとり、紫外線を浴びた後の対策をするとともに、日焼け止め化粧品や帽子、日傘などを利用して肌に少しでも紫外線が当たらないように予防対策をとることが重要となります。

天気で違う紫外線


晴れた日の紫外線を100%とすると、曇りや雨の日の紫外線は20%〜30%だと言われています。紫外線を気にするなら外出は、天気のあまりよくない日がいいことになりますが、曇りでも薄曇りなどの弱い雲の場合は、80%の紫外線が肌へ届いていますので、気を付けた方がいいでしょう。

紫外線は実は下からもやってきます。コンクリートや雪は紫外線を反射させます。特に雪面は大きな反射率があり、スキー、スノーボードに出かける際などは気を付けた方がいいでしょう。

反対に、芝生や草は反射率が低くなっているので一休みするには最適です。芝生の木陰などは、紫外線から逃れる場所としてはもってこいですね。
タグ:紫外線対策

紫外線対策の基礎知識

紫外線の影響と対策について正しく理解していますか?あたたかな陽気になり、薄着で過ごせるようになってくると、気になるのが紫外線。紫外線は肌に良くないと頭ではわかっていても、冬になれば元に戻る、または肌が黒いほうがかっこいいから対策はいらない、などとうそぶいている人も多いのではないでしょうか。

紫外線は病気の元


紫外線は肌を黒くするだけではないのです。ダメージを蓄積することで、皮膚の老化や皮膚がん、白内障などの病気につながる可能性があるのです。紫外線を防ぐことは、健康の面からもとても大切なことですね。色が黒いほうが健康的なイメージがあるということで、日焼けを日常的におこなっている人もいますが、よくよく考えるととても危険な行為となる可能性があります。

紫外線とうまくつきあう


紫外線は昔は身体を丈夫にするといわれ、日光浴がさかんに推奨されていました。しかし今では紫外線は肌の老化を早めたり皮膚がんの原因になるなどの悪影響が多いというのが通説です。赤ちゃんの頃から紫外線対策を習慣にするように指導しているところもあるほどです。
紫外線の影響と対策を正しく理解しておきましょう。太陽の下で遊んだり、働いたりするこ
とは気持ちのいいものです。しかしそれで病気にかかってしまってはどうしようもありませ
んね。紫外線の危なさを理解・認識した上で、きちんとした対策を講じて、紫外線と上手な付き合い方をしていきたいものです。
タグ:紫外線対策

肌を攻撃する紫外線

紫外線対策は知ることから


紫外線対策はそれを必要とする理由があります。紫外線には見えない影響があるからです。紫外線の影響とひとことでいっても症状は種々さまざまです。水着のあとのように目に見えるものもあれば、気づかないうちにたまっていって、何年も経ってから後に、現れる症状もあるのです。そうした影響について知識を蓄えておくのが、紫外線対策のスタートラインです。

紫外線は外だけでなく


紫外線は部屋の中にだって届きます。私たちが普段浴びている紫外線には、作用の違う2種類があります。このうちUV-A(長波長)は雲やガラスを通過して地表にまで届くため、室内にいるときや車の中〜ドライブ中でも浴びていることになります。UV-A は蓄積して肌の老化の原因となるほかに、もうひとつの紫外線UV-B(中波長)の作用を促すともいわれています。部屋の中にいるからといって油断はできません。外に出ない日でも、紫外線から肌を守るように心がけましょう。

二つの紫外線


紫外線の2種類の作用である、UV-A(長波長)とUV-B(中波長)について簡単に説明をしておきます。わたしたちの皮膚は表面側から「表皮」「真皮」「皮下脂肪」と層をなしています。紫外線のうちUV-A(長波長)は真皮層に作用し、肌の奥に蓄積して、しわやたるみを引き起こします。UV-B(中波長)は皮膚の表面に作用し、ほてる、赤く腫れるなどの症状を誘発し、しみを作ります。これは皮膚がんの原因にもなるのです。

タグ:紫外線対策

紫外線の特質

急性と慢性の赤外線症状


紫外線が目に見える形で身体に現れる例として、最も多いのは日焼けです。しかし、日焼けのあとがなくなっても、紫外線のダメージは確実に残っているのです。紫外線の影響で2つの症状が起こります。ひとつは、肌が赤くなる、ほてるなどの「急性」の症状。そして、しみやしわができる、表皮が厚くなる、さらには皮膚がんになるなど、今まで浴びた紫外線のダメージが蓄積して起こる「慢性」の症状があるわけです。

紫外線は「急性」の症状と、「慢性」の症状とに分けられますが、「急性」の症状ものちのちに身体に影響を与えることがあります。「急性」の症状は何日かすると元通りになりますが、紫外線ダメージは残り、10 年後、20 年後、30年後、の肌に影響を及ぼすのです。

紫外線は反射する


紫外線は地表に当たると反射します。肌は、反射した紫外線でダメージを受けることがありますので注意が必要です。紫外線は太陽のある上空から降り注ぐだけでなく、地表からもやってくるのです。また、太陽光線は空気中の分子や粒子とぶつかって、さまざまな方向へ乱反射するため、屋外では、日陰でも目や肌で感じる以上に紫外線を浴びています。曇りといっても油断できません。日焼け止めクリームを塗ったり服装を工夫して、多方向から攻めてくる紫外線をきっちりブロックしましょう。

反射する紫外線量の多い場所を順にあげると次のようになります。新雪は約80%、砂浜は10%から25%、水面は10%から20%、アスファルトは10%、草地や芝生は10%以下で紫外線を反射します。芝生の上などがいちばん気持ちよく安全のようですね。

反射する紫外線量の多い場所を順にあげると次のようになります。新雪は約80%、砂浜は10%から25%、水面は10%から20%、アスファルトは10%、草地や芝生は10%以下で紫外線を反射します。芝生の上などがいちばん気持ちよく安全のようですね。
タグ:紫外線対策

肌の大敵、紫外線

シミの実態


紫外線は肌の老化を促します。日焼けを繰り返すことで、メラノサイト(色素細胞)の一部に異常が生じ、紫外線に当たらなくてもメラニンを作り続けるようになってしまうのです。これが「しみ」の実態です。しみの原因としては、紫外線のほかに、生まれつきのもの、女性特有のホルモンバランスなどがあります。紫外線は、ほかの2つの原因でできるしみをさらに悪化させるということが分かっているのです。

女性の大敵、紫外線


紫外線は「しわ」、「たるみ」の原因にもなっていきます。女性の大敵ですね。表皮の下には、肌の張りや弾力を保つコラーゲンやエラスチンといった線維があります。その働きが弱まると、「しわ」や「たるみ」ができるのですが、その大きな原因が加齢と紫外線によるものです。紫外線に当たり続けるとこの線維がダメージを受け、切れたり、量が少なくなってきます。ここに表情じわなどの大きな力が加わると、いよいよ深いしわになってしまいます。

サングラスは必需品


紫外線は目の病気を誘発することがあります。紫外線は肌だけでなく、目の老化も早めるのです。身体の大敵です。水晶体が濁る「白内障」は紫外線が一因ということがわかっています。また、雪目とよばれる「光誘発角膜炎」も、角膜が強い紫外線を浴びることで起こる症状なのです。普段から、UV カットサングラスを利用するなど、目にも紫外線対策が欠かせません。
タグ:紫外線対策

日焼け止めの成分

SPFとPA


紫外線防止にとても役立つ日焼け止めですが、SPF やPA という単語の意味を理解していない人は、結構いるのではないでしょうか。自分に合った日焼け止めを選ぶことができるように、SPFやPAの意味を解説しておくことは大切です。

SPFはSun Protection Factorという意味で、UV-Bをカットできる効果のことを言い表します。SPF1 で、20分効果が続くことを表し、数値が上がるごとに持続時間が長くなります。PAはProtection Grade of UVAという意味で、UV-Aをカットする効果のことを表します。PA+から+++の3段階で、+が多いほど効果がアップしていきます。

紫外線吸収剤と散乱剤


紫外線吸収剤という成分があります。これは紫外線を吸収する成分のことを表しています。紫外線のカット効果は高いものの、有機化合物なので、肌の弱い人はかぶれることがあります。また紫外線散乱剤という成分は、微粒子によって紫外線を散乱させるものです。塗ると白浮きするものもありますが、肌への刺激や負担が少ないので子供や、アトピー性皮膚炎の方にはこの紫外線散乱剤入りがオススメです。紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤のみで作られているものは「ノンケミカル」と表示されていることがあります。

紫外線対策として日焼け止めを購入する際は、以上の表示を参考の上、販売店の方のアドバイスや自分の肌のコンディションも考えながら、選ぶとよいでしょう。

紫外線から身を守る

紫外線から身を守るために一日中室内にいたとしても油断は出来ません。日焼けをするのは灼熱の太陽の下だけとは限らないからです。紫外線は、雲やガラス窓を通過し、室内にも降り注いでいるのです。また曇りの日とはいえこれも油断して無防備で外出すると痛い目に会います。曇りの日は、晴れの日の50%から80%、雨の日でも20%から30%の紫外線量があると言われています。

紫外線は蓄積する


紫外線を浴び続けることは若い人だからといって平気なことはありません。若い人の方が、年を取った人より、皮膚に回復力があるのは本当です。しかし、紫外線のダメージは蓄積して、将来の肌に影響を及ぼすといわれています。あとで後悔しないために、紫外線を防ぎながらファッションを楽しむべきです。小麦色の肌にあこがれることもあるでしょうが、健康を損なっては元も子もありません。

紫外線は美容に影響


紫外線は「しわ」や「たるみ」にも影響力をふるいます。いつのまにか現れる「しわ」や「たるみ」は、美容の大敵。これは加齢による皮膚や筋肉、脂肪の変化・衰えだけではなく、紫外線が大きく影響していることがあるのです。肌年齢を若く保つためにも、紫外線の防止・カットは欠かせない日課です。

紫外線は目も攻撃


紫外線は目にも悪影響を与えます。肌はしっかりと日焼け対策をしていても、目は意外と無防備だったりします。目も紫外線を長く浴びると乾燥して「疲れ目」の症状が出るほか、白内障のリスクが高くなります。日差しの強い場所では、UV カットサングラスなどを利用するといいでしょう。サングラスは、もはやファッションのためだけでなく、生活必需品となりつつあります。
タグ:紫外線対策

紫外線対策の習慣

皮膚とメラニン


紫外線対策はいつまでも健康な身体を保つために、とても大切です。子供の頃から紫外線ダメージが蓄積して起こる病気のひとつに、皮膚がんがあります。本来、皮膚は紫外線などの害から身体を守るために、メラニンという色素を作り出していますが、長く紫外線に当たり続けると、このメラニンが基底細胞の核を守りきれず、DNA が傷つけられることがあります。紫外線にDNA が傷つけられると、「日光角化症」(皮膚がんの前段階)や皮膚がんなどの病変が起こります。また、紫外線は身体の老化を促進する活性酸素を発生させる原因のひとつにも挙げられています。

皮膚の免疫機能


紫外線にあたり続けると皮膚の免疫機能が落ちてしまいます。急に日にあたると疲れるのはそのためです。これは皮膚の免疫機能が低下してしまい、一時的に抵抗力が弱まるために感じる事実なのです。一時的に抵抗力が弱まると、たとえば「単純ヘルペス」などのウィルスに感染しやすくなります。しかしあくまで一過性のものですから、あまり神経質になりすぎず、紫外線対策をうまくやりながらレジャーやスポーツを楽しむといいと思います。

紫外線対策の習慣化


紫外線を子供の頃から浴び続けることは、子供の今後のの健康を考えると決して良いことではありません。そのため子供の頃から紫外線対策を習慣化させることが大切です。無理なく子供が紫外線を浴びない習慣を作り出すことが重要なポイントです。
タグ:紫外線対策

紫外線と肌タイプ

紫外線の増える時間帯と時期


紫外線量が年間を通して増加してくるのは4月から9月です。1日のうちでは午前10時から午後2時が紫外線量が増える時間帯です。外で過ごす機会が増える時期だからこそ、自分に合った紫外線対策を準備しておくことをおすすめします。自分に合った紫外線対策とスキンケアを準備して、実践することが大切です。

肌タイプ別紫外線対策


紫外線対策は肌のタイプによって必要度が違ってきます。一般的に肌の色が黒い人ほど、紫外線に対する抵抗力が強いといえます。あなたの肌がどちらのタイプかを理解しておくことがまず大切です。どちらのタイプだとしても紫外線対策は要りますが、自分に合った紫外線対策を把握・理解しておくことで、より適切な紫外線対策をおこなうことができるようになります。

紫外線対策・肌特質による違い-色白肌タイプの人の場合


色白の肌の人は日に当たると赤くなりやすいといわれています。実際そういう実感があると思います。紫外線のダメージを比較的受けやすいタイプですね。色黒の人以上に、日焼け止めをしっかり塗る、服装を工夫するなどの対策が必要です。

紫外線対策・肌特質による違い-褐色肌タイプの人の場合


褐色の肌タイプの人は日に当たるとそのまま黒くなるのが一般的です。紫外線には比較的強いタイプでは、あります。日焼け止めは軽めでもかまいませんが、過信せずに紫外線対策をおこなうことが必要です。塗らないと、少しでも塗るの違いは大きいものです。

タグ:紫外線対策

紫外線対策に日焼け止め

日焼け止めの数値


紫外線を防ぐには日焼け止めを使うことが大切です。また日焼け止めを状況によって使い分けることは、更に大切になっています。SPFやPAなどの数値は、必ずしも高いほうがいいわけではないのです。使用シーンや肌に合ったもの、近いものを選びましょう。一般的に子供はSPF10から20、PAはPA+からPA++が適しているといわれています。大人は日常時はSPF20から30程度、アウトドア時はSPF40から50でPAはPA+++が良いとされています。

日焼け止めの重ね塗り


紫外線対策として日焼け止めを重ねて塗る人も多いと思います。しかし、SPF20の日焼け止めの上にSPF15のファンデーションを重ねても、SPF35の効果は得られないのです。ただし単純な足し算はできないものの、日焼け止め化粧品は単品で使うよりも重ねて使った方が紫外線防止効果が高まることは事実です。

日焼け止めは塗り直す


紫外線対策で日焼け止めをたくさん塗ったのにも関わらず、汗を大量にかいてしまいせっかくの日焼け止めが流れてしまうことも多いと思います。汗をたくさんかくときは、ウォータープルーフタイプを使い、2 時間ぐらいで塗りなおすことが大切です。面倒かもしれませんが、この塗り直しが重要なのです。

自分にあった日焼け止め


紫外線を防ぐために日焼け止めを使用することは、効果的で大変有効です。ただ良く日焼け止めの使い方も読まずに、数値が高いという理由だけで入手し、使っている人も多いのではないでしょうか?現在はいろんなメーカーから、さまざまな日焼け止め製品が販売されています。より効果のある紫外線対策をするために、自分や状況に合った製品を選ぶようにしましょう。

紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。