紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

紫外線対策

いわゆる紫外線対策というときの対象となる紫外線UV-Aは太陽が最も高くなる5月に最も多くなります。紫外線というと夏のイメージがありますが、春からの対策が要となります。とはいうものの、最も紫外線が少ないといわれる冬の季節でも、UV-Aは2分の1にしかならず、実は年間を通して紫外線対策をする必要があるようです。また、赤く焼けるUV-Bの方は、はオゾン量が最も減る8月頃に最も多くなります。海水浴シーズンは気をつけましょう。

基本は、紫外線に当たらないこと


紫外線を予防するには、もちろん紫外線に当たらないことがいちばんの策です。とはいうものの、暮らしを行う上で、まったく紫外線を浴びないということは不可能です。紫外線の内的な対策としてビタミンCの摂取ということがあげられますが、食事やサプリメント等でビタミンCをとり、紫外線を浴びた後の対策をするとともに、日焼け止め化粧品や帽子、日傘などを利用して肌に少しでも紫外線が当たらないように予防対策をとることが重要となります。

天気で違う紫外線


晴れた日の紫外線を100%とすると、曇りや雨の日の紫外線は20%〜30%だと言われています。紫外線を気にするなら外出は、天気のあまりよくない日がいいことになりますが、曇りでも薄曇りなどの弱い雲の場合は、80%の紫外線が肌へ届いていますので、気を付けた方がいいでしょう。

紫外線は実は下からもやってきます。コンクリートや雪は紫外線を反射させます。特に雪面は大きな反射率があり、スキー、スノーボードに出かける際などは気を付けた方がいいでしょう。

反対に、芝生や草は反射率が低くなっているので一休みするには最適です。芝生の木陰などは、紫外線から逃れる場所としてはもってこいですね。

タグ:紫外線対策
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46170815

この記事へのトラックバック

祝!ど-てい卒業しました!
Excerpt: 西川先生みたいな女の人に37マモナ買ってもらえました! 
Weblog: けいた
Tracked: 2007-06-30 18:49
紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。