紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

紫外線アレルギー

紫外線アレルギーの疑いがある場合は、通常の対策より、さらに強固な紫外線からのガードが必要です。皮膚科専門医の著書の中に日焼けを上手に防止するには「遠いところから心がけよ」と書かれているものがあるようです。日焼けクリームよりも帽子、帽子よりも傘、傘よりも日陰という順で「身体より遠く、太陽に近いところから」紫外線を防ぐのが良いようです。大人であれば、なるべく限り外にでないということもできますが、育ち盛りの子供などだとそうもいきません。戸外での日光には特に気をつけ、なるべく日が陰ってから外に出る、外には長くいない、長そでのTシャツを着る、つばのある帽子をかぶるなどが必要です。最近では、帽子の後ろ部分に、カーテンやカバーのようなものがついたタイプで、首筋などに紫外線や日差しを受けるのをさけるようなものも売られています。また、このようなものは、店に売っていなければ、ちょっとした裁縫で、簡単にとりつけることもできますので、布きれなどを用意して、なるべく太陽光線(紫外線)を浴びずにすむような仕掛けを工夫するのがいいかと思います。
また、紫外線アレルギーということは、食生活などの影響も考えられ、予防や治療を行うためにも、きちんとした皮膚科の専門医に一度、相談してみることをおすすめします。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。