紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

紫外線とは

紫外線とは、地球に届く太陽光線のうち、波長が短くエネルギーの高い光を指します。 太陽光線は、大きく紫外線、赤外線、可視光線の3つにわけられます。
波長の短い順に並べると、紫外線の波長は約200nm〜380nm(ナノメーター。1mの10億分の1の長さ)、可視光線が380nm〜760nm、最も長い赤外線が 760nm以上となります。可視光線は地上に光を、赤外線は熱を送る太陽光線です。そして、紫外線は皮膚でビタミンDを合成します。しかし、ビタミンDは冬の弱い太陽光線を浴びるだけで十分合成されることや、食事から摂取することも可能です。ですので、こと紫外線に関しては、そのエネルギーの高さゆえに、地球上の生命体及ぼす有害な影響の方がクローズアップされることが多いのです。

紫外線は、さらにUV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。 このうち、UV-Cと呼ばれる最も有害な紫外線は、ほとんどがオゾン層によって吸収されてしまうため、地球上には届きません。こういう側面を知ると、オゾン層の破壊というのは大きな問題というのが分かります。

紫外線の種類


○UV-A(波長380-320nm)
大気圏でほとんど吸収されずに地表に到達する。身体に浴びると肌が黒く日焼けをする紫外線。ただし、大量に浴びるとDNAに傷がつき、皮膚の老化を早めるので注意が必要。
○UV-B(波長320-280nm)
オゾン層の増減により、地上に達する量が変動。身体に浴びると肌が赤く日焼けをする紫外線。この日焼けは、サンバーンと呼ばれる。たくさんに浴びると免疫力が下がり、皮膚ガンや白内障を招く恐れがある。
○UV-C(波長280-200nm)
オゾン層によってほとんどが吸収されてしまうため、地上にはまず届かない。ただし別名殺菌光線と呼ばれるほど最も危なく、免疫力の低下や皮膚ガン、白内障を誘発する紫外線

タグ:紫外線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46329930

この記事へのトラックバック

紫外線とは!?
Excerpt: これから夏本番! 紫外線対策を十分にしなくっちゃ! 参考になります。
Weblog: 美白生活
Tracked: 2007-07-19 23:08
紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。