紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

日焼け止めの成分

SPFとPA


紫外線防止にとても役立つ日焼け止めですが、SPF やPA という単語の意味を理解していない人は、結構いるのではないでしょうか。自分に合った日焼け止めを選ぶことができるように、SPFやPAの意味を解説しておくことは大切です。

SPFはSun Protection Factorという意味で、UV-Bをカットできる効果のことを言い表します。SPF1 で、20分効果が続くことを表し、数値が上がるごとに持続時間が長くなります。PAはProtection Grade of UVAという意味で、UV-Aをカットする効果のことを表します。PA+から+++の3段階で、+が多いほど効果がアップしていきます。

紫外線吸収剤と散乱剤


紫外線吸収剤という成分があります。これは紫外線を吸収する成分のことを表しています。紫外線のカット効果は高いものの、有機化合物なので、肌の弱い人はかぶれることがあります。また紫外線散乱剤という成分は、微粒子によって紫外線を散乱させるものです。塗ると白浮きするものもありますが、肌への刺激や負担が少ないので子供や、アトピー性皮膚炎の方にはこの紫外線散乱剤入りがオススメです。紫外線吸収剤を使用せず、紫外線散乱剤のみで作られているものは「ノンケミカル」と表示されていることがあります。

紫外線対策として日焼け止めを購入する際は、以上の表示を参考の上、販売店の方のアドバイスや自分の肌のコンディションも考えながら、選ぶとよいでしょう。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。