紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

紫外線の特質

急性と慢性の赤外線症状


紫外線が目に見える形で身体に現れる例として、最も多いのは日焼けです。しかし、日焼けのあとがなくなっても、紫外線のダメージは確実に残っているのです。紫外線の影響で2つの症状が起こります。ひとつは、肌が赤くなる、ほてるなどの「急性」の症状。そして、しみやしわができる、表皮が厚くなる、さらには皮膚がんになるなど、今まで浴びた紫外線のダメージが蓄積して起こる「慢性」の症状があるわけです。

紫外線は「急性」の症状と、「慢性」の症状とに分けられますが、「急性」の症状ものちのちに身体に影響を与えることがあります。「急性」の症状は何日かすると元通りになりますが、紫外線ダメージは残り、10 年後、20 年後、30年後、の肌に影響を及ぼすのです。

紫外線は反射する


紫外線は地表に当たると反射します。肌は、反射した紫外線でダメージを受けることがありますので注意が必要です。紫外線は太陽のある上空から降り注ぐだけでなく、地表からもやってくるのです。また、太陽光線は空気中の分子や粒子とぶつかって、さまざまな方向へ乱反射するため、屋外では、日陰でも目や肌で感じる以上に紫外線を浴びています。曇りといっても油断できません。日焼け止めクリームを塗ったり服装を工夫して、多方向から攻めてくる紫外線をきっちりブロックしましょう。

反射する紫外線量の多い場所を順にあげると次のようになります。新雪は約80%、砂浜は10%から25%、水面は10%から20%、アスファルトは10%、草地や芝生は10%以下で紫外線を反射します。芝生の上などがいちばん気持ちよく安全のようですね。

反射する紫外線量の多い場所を順にあげると次のようになります。新雪は約80%、砂浜は10%から25%、水面は10%から20%、アスファルトは10%、草地や芝生は10%以下で紫外線を反射します。芝生の上などがいちばん気持ちよく安全のようですね。

タグ:紫外線対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。