紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

肌を攻撃する紫外線

紫外線対策は知ることから


紫外線対策はそれを必要とする理由があります。紫外線には見えない影響があるからです。紫外線の影響とひとことでいっても症状は種々さまざまです。水着のあとのように目に見えるものもあれば、気づかないうちにたまっていって、何年も経ってから後に、現れる症状もあるのです。そうした影響について知識を蓄えておくのが、紫外線対策のスタートラインです。

紫外線は外だけでなく


紫外線は部屋の中にだって届きます。私たちが普段浴びている紫外線には、作用の違う2種類があります。このうちUV-A(長波長)は雲やガラスを通過して地表にまで届くため、室内にいるときや車の中〜ドライブ中でも浴びていることになります。UV-A は蓄積して肌の老化の原因となるほかに、もうひとつの紫外線UV-B(中波長)の作用を促すともいわれています。部屋の中にいるからといって油断はできません。外に出ない日でも、紫外線から肌を守るように心がけましょう。

二つの紫外線


紫外線の2種類の作用である、UV-A(長波長)とUV-B(中波長)について簡単に説明をしておきます。わたしたちの皮膚は表面側から「表皮」「真皮」「皮下脂肪」と層をなしています。紫外線のうちUV-A(長波長)は真皮層に作用し、肌の奥に蓄積して、しわやたるみを引き起こします。UV-B(中波長)は皮膚の表面に作用し、ほてる、赤く腫れるなどの症状を誘発し、しみを作ります。これは皮膚がんの原因にもなるのです。



タグ:紫外線対策
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。