紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

紫外線対策

いわゆる紫外線対策というときの対象となる紫外線UV-Aは太陽が最も高くなる5月に最も多くなります。紫外線というと夏のイメージがありますが、春からの対策が要となります。とはいうものの、最も紫外線が少ないといわれる冬の季節でも、UV-Aは2分の1にしかならず、実は年間を通して紫外線対策をする必要があるようです。また、赤く焼けるUV-Bの方は、はオゾン量が最も減る8月頃に最も多くなります。海水浴シーズンは気をつけましょう。

基本は、紫外線に当たらないこと


紫外線を予防するには、もちろん紫外線に当たらないことがいちばんの策です。とはいうものの、暮らしを行う上で、まったく紫外線を浴びないということは不可能です。紫外線の内的な対策としてビタミンCの摂取ということがあげられますが、食事やサプリメント等でビタミンCをとり、紫外線を浴びた後の対策をするとともに、日焼け止め化粧品や帽子、日傘などを利用して肌に少しでも紫外線が当たらないように予防対策をとることが重要となります。

天気で違う紫外線


晴れた日の紫外線を100%とすると、曇りや雨の日の紫外線は20%〜30%だと言われています。紫外線を気にするなら外出は、天気のあまりよくない日がいいことになりますが、曇りでも薄曇りなどの弱い雲の場合は、80%の紫外線が肌へ届いていますので、気を付けた方がいいでしょう。

紫外線は実は下からもやってきます。コンクリートや雪は紫外線を反射させます。特に雪面は大きな反射率があり、スキー、スノーボードに出かける際などは気を付けた方がいいでしょう。

反対に、芝生や草は反射率が低くなっているので一休みするには最適です。芝生の木陰などは、紫外線から逃れる場所としてはもってこいですね。
タグ:紫外線対策

紫外線から身を守る

紫外線から身を守るために一日中室内にいたとしても油断は出来ません。日焼けをするのは灼熱の太陽の下だけとは限らないからです。紫外線は、雲やガラス窓を通過し、室内にも降り注いでいるのです。また曇りの日とはいえこれも油断して無防備で外出すると痛い目に会います。曇りの日は、晴れの日の50%から80%、雨の日でも20%から30%の紫外線量があると言われています。

紫外線は蓄積する


紫外線を浴び続けることは若い人だからといって平気なことはありません。若い人の方が、年を取った人より、皮膚に回復力があるのは本当です。しかし、紫外線のダメージは蓄積して、将来の肌に影響を及ぼすといわれています。あとで後悔しないために、紫外線を防ぎながらファッションを楽しむべきです。小麦色の肌にあこがれることもあるでしょうが、健康を損なっては元も子もありません。

紫外線は美容に影響


紫外線は「しわ」や「たるみ」にも影響力をふるいます。いつのまにか現れる「しわ」や「たるみ」は、美容の大敵。これは加齢による皮膚や筋肉、脂肪の変化・衰えだけではなく、紫外線が大きく影響していることがあるのです。肌年齢を若く保つためにも、紫外線の防止・カットは欠かせない日課です。

紫外線は目も攻撃


紫外線は目にも悪影響を与えます。肌はしっかりと日焼け対策をしていても、目は意外と無防備だったりします。目も紫外線を長く浴びると乾燥して「疲れ目」の症状が出るほか、白内障のリスクが高くなります。日差しの強い場所では、UV カットサングラスなどを利用するといいでしょう。サングラスは、もはやファッションのためだけでなく、生活必需品となりつつあります。
タグ:紫外線対策

紫外線対策の習慣

皮膚とメラニン


紫外線対策はいつまでも健康な身体を保つために、とても大切です。子供の頃から紫外線ダメージが蓄積して起こる病気のひとつに、皮膚がんがあります。本来、皮膚は紫外線などの害から身体を守るために、メラニンという色素を作り出していますが、長く紫外線に当たり続けると、このメラニンが基底細胞の核を守りきれず、DNA が傷つけられることがあります。紫外線にDNA が傷つけられると、「日光角化症」(皮膚がんの前段階)や皮膚がんなどの病変が起こります。また、紫外線は身体の老化を促進する活性酸素を発生させる原因のひとつにも挙げられています。

皮膚の免疫機能


紫外線にあたり続けると皮膚の免疫機能が落ちてしまいます。急に日にあたると疲れるのはそのためです。これは皮膚の免疫機能が低下してしまい、一時的に抵抗力が弱まるために感じる事実なのです。一時的に抵抗力が弱まると、たとえば「単純ヘルペス」などのウィルスに感染しやすくなります。しかしあくまで一過性のものですから、あまり神経質になりすぎず、紫外線対策をうまくやりながらレジャーやスポーツを楽しむといいと思います。

紫外線対策の習慣化


紫外線を子供の頃から浴び続けることは、子供の今後のの健康を考えると決して良いことではありません。そのため子供の頃から紫外線対策を習慣化させることが大切です。無理なく子供が紫外線を浴びない習慣を作り出すことが重要なポイントです。
タグ:紫外線対策

紫外線と肌タイプ

紫外線の増える時間帯と時期


紫外線量が年間を通して増加してくるのは4月から9月です。1日のうちでは午前10時から午後2時が紫外線量が増える時間帯です。外で過ごす機会が増える時期だからこそ、自分に合った紫外線対策を準備しておくことをおすすめします。自分に合った紫外線対策とスキンケアを準備して、実践することが大切です。

肌タイプ別紫外線対策


紫外線対策は肌のタイプによって必要度が違ってきます。一般的に肌の色が黒い人ほど、紫外線に対する抵抗力が強いといえます。あなたの肌がどちらのタイプかを理解しておくことがまず大切です。どちらのタイプだとしても紫外線対策は要りますが、自分に合った紫外線対策を把握・理解しておくことで、より適切な紫外線対策をおこなうことができるようになります。

紫外線対策・肌特質による違い-色白肌タイプの人の場合


色白の肌の人は日に当たると赤くなりやすいといわれています。実際そういう実感があると思います。紫外線のダメージを比較的受けやすいタイプですね。色黒の人以上に、日焼け止めをしっかり塗る、服装を工夫するなどの対策が必要です。

紫外線対策・肌特質による違い-褐色肌タイプの人の場合


褐色の肌タイプの人は日に当たるとそのまま黒くなるのが一般的です。紫外線には比較的強いタイプでは、あります。日焼け止めは軽めでもかまいませんが、過信せずに紫外線対策をおこなうことが必要です。塗らないと、少しでも塗るの違いは大きいものです。

タグ:紫外線対策

紫外線対策に日焼け止め

日焼け止めの数値


紫外線を防ぐには日焼け止めを使うことが大切です。また日焼け止めを状況によって使い分けることは、更に大切になっています。SPFやPAなどの数値は、必ずしも高いほうがいいわけではないのです。使用シーンや肌に合ったもの、近いものを選びましょう。一般的に子供はSPF10から20、PAはPA+からPA++が適しているといわれています。大人は日常時はSPF20から30程度、アウトドア時はSPF40から50でPAはPA+++が良いとされています。

日焼け止めの重ね塗り


紫外線対策として日焼け止めを重ねて塗る人も多いと思います。しかし、SPF20の日焼け止めの上にSPF15のファンデーションを重ねても、SPF35の効果は得られないのです。ただし単純な足し算はできないものの、日焼け止め化粧品は単品で使うよりも重ねて使った方が紫外線防止効果が高まることは事実です。

日焼け止めは塗り直す


紫外線対策で日焼け止めをたくさん塗ったのにも関わらず、汗を大量にかいてしまいせっかくの日焼け止めが流れてしまうことも多いと思います。汗をたくさんかくときは、ウォータープルーフタイプを使い、2 時間ぐらいで塗りなおすことが大切です。面倒かもしれませんが、この塗り直しが重要なのです。

自分にあった日焼け止め


紫外線を防ぐために日焼け止めを使用することは、効果的で大変有効です。ただ良く日焼け止めの使い方も読まずに、数値が高いという理由だけで入手し、使っている人も多いのではないでしょうか?現在はいろんなメーカーから、さまざまな日焼け止め製品が販売されています。より効果のある紫外線対策をするために、自分や状況に合った製品を選ぶようにしましょう。

紫外線対策は地球の問題

紫外線対策は地球の問題


日焼けしたら冷やす


紫外線を長時間にわたって浴びてしまい、日焼けしてしまったらまず冷やすことをおぼえておいて下さい。肌が赤くなるほど日焼けをしてしまったときは、アイスノンや冷タオルなどを肌に当てて、ほてりをしずめます。その日の入浴やお酒は控えることも大事ですね。色素沈着を防ぐ効果があるビタミンCをとるのもおすすめです。

肌の露出を減らす


紫外線を浴びないように、外出時には日焼けを防ぐ服装を心がけることがまず大切です。日焼けを防ぐ服装とは、洋服なら袖や襟のあるもので肌の露出をなるべく少なくしましょう。紫外線カット効果があるものは、実は白い生地よりも色のついたものが良いです。帽子の場合は、全体につばのあるものが良いでしょう。子供の野球帽などは、後ろ側が手薄になります。日傘を柄を短くもって低めに差すのも有効です。

紫外線と環境問題


紫外線については、現在地球規模の環境問題と密接に関わっています。オゾン層がフロンガスなどの影響で破壊されていることはご存知だと思いまが、オゾンホールはフロンガスが禁止された今でも、年を増す毎に広がっているといわれています。オゾンは大気中では微量な存在に過ぎないのですが、太陽から放射される紫外線の大部分を吸収し、地上にほとんど紫外線を到達させない大切な役割を担っています。
タグ:紫外線対策

紫外線対策グッズ

紫外線対策グッズとしては、どのようなものがあるでしょう。紫外線は美容の敵ですので、女性ものが中心となりますね。

まずは、UVカットのブラウス。着るだけで紫外線を予防できるので、手軽で楽です。

それからおなじみ黒の超ロング手袋ですね。手の甲から肩まで、紫外線からしっかりガードしてくれます。

そしてパンツ。紫外線対策には美脚に見えるものや冷感素材を使用したものが人気のようです。

日傘は昔からある日焼け(紫外線)対策グッズ。最近のものは、裏地にアルミコーティングを施すなど素材に進化が見られ、99%紫外線カットなどをうたうものも多くなりました。

そして紫外線対策として必須といえるのが帽子です。つばが広く、首まですっぽりと紫外線から守ってくれるタイプが人気です。小さく折りたためて携帯にも便利な商品が売れているようです。

その他、えりカバー、日よけショール、サンバイザー、自転車のUVハンドルカバー、首筋をガードするネックカバーなどさまざまな紫外線対策グッズがあります。
タグ:紫外線対策

紫外線防止

紫外線防止や日焼けを防ぐには、日焼け止めクリームを塗るというのが、昔からある手段ですが、日焼け止め以外にも、紫外線をカットする方法はいろいろあります。あの手この手で紫外線を防止していきましょう。

紫外線を通しにくい服を着る


紫外線を防止する衣類といえば、おすすめは、ポリエステルと綿の混紡素材。長袖で、襟のついたものを選べば、紫外線予防効果もアップします。素材が同じであれば、生地の織り方が密な服、厚手の衣類の方が効果的ですね。また、UVカットに加え、吸湿性、速乾性を備えた素材もどんどん開発されているので、心地よさやファッション性で選ぶ選択肢も増えています。また、洗うだけで有効成分が生地に染み込み、UVカット効果を発揮するという洗剤も注目を集めています。

サンバイザーよりもつばが360度の帽子


サンバイザーはさっとかぶれて手軽なので、紫外線防止グッズとしてとても人気があります。しかし、つばが前方にしかないので、顔の側面や首にあたる紫外線を避けることができないのが弱点。野球帽も同じ理由で、紫外線を防止するという意味ではあまり効果が期待できません。なるべくつばの広い帽子をかぶり、日光が直接顔や首筋に当たらないようにしましょう。帽子の後ろに、えりカバーをつけるという方法もあります。

濃いサングラスが紫外線を呼び込む


サングラスというとファッション性に目がいってしまいがちですが、実は紫外線から大切な目を守る効果が高く、日常生活でこそ活躍させるべき機能的なグッズ。ただ、色の濃いサングラスは要注意。色の濃いサングラスは、視界が暗くなるため瞳孔が開き、横からの散乱紫外線が入り込んでしまい、結局は目を傷めてしまうことがあります。サングラスを選ぶときは「UVカット」の表示があるもので、なるべく薄い色のものを選ぶのが紫外線防止対策としてはベターです。

紫外線のカット率は、日傘の持ち方で変わる


日傘は、いうまでもなく紫外線防止の強い味方ですね。黒以外の色の普通の日傘でも、紫外線防止効果があります。しかし傘の色にかかわらず、横から届く空気中の散乱紫外線や、地面や壁を反射して届く紫外線を防ぐことは容易ではありません。日傘を差していても手や顔などに日焼け止めを塗るのを忘れないようにしましょう。日傘を過信しすぎてもいけません。また、日傘の布と肌が離れれば離れるほど紫外線カット率が低下するといわれていますので、日傘の柄は短く持つのが理想です。
タグ:紫外線防止

紫外線カット

紫外線をカットする方法とは?紫外線を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?その答えは、紫外線を吸収するか反射させるかです。
吸収するには紫外線吸収剤というのがあります。日焼け止めクリームにはこの紫外線吸収剤が入っているので紫外線を吸収して皮膚まで到達しないようになっています。日焼け止めクリームは、肌の身代わりとなって紫外線を吸収してくれていたのです。またよくある、自動車のUVカットガラスにも紫外線吸収剤が練り込まれています。ですので、ガラスは透明でも紫外線を99.9%程度はカットしてくれます。一方の反射させるという方法ですが、極端にいえば鏡のような面ですと紫外線はすべて反射しますのでカットできます。日焼け止めクリームには紫外線反射剤も入っています。最近UVカット傘といってシルバーに仕上げてある表面の傘を街などで見かけますが、これは紫外線を反射させて防ごうとしているタイプのグッズです。しかし、これも100%ではありません。繊維の隙間から光が直接差し込むからです。また傘の場合は、当然ながら乱反射などで、横からの紫外線を間接的に受けます。

紫外線を防ぐ黒い傘


タグ:紫外線 UV

紫外線の対策と予防グッズ、紫外線カットなどについての情報。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。